浮気調査をする意味とは

浮気調査の殆どが夫婦間での依頼が多いです。

旦那さんや奥さんが浮気をしているという調査がメインと言っても過言ではありません。夫婦という関係ではありますが、お互い男と女という人間ですので、他の異性に惹かれてしまう事もあるかもしれません。それでも浮気や不貞行為は夫婦間では許される問題ではありません。離婚問題に発展したり、裁判になったりと夫婦間での浮気は根深い物を持っていると言えます。

夫婦だからこそ信じたいといった思いも当然ありますし、自分の旦那や妻が浮気をするばずがない。と思いたい気持ちも分かりますが、年々浮気による問題は増えているのです。浮気の証拠は見ただけでは確固たる証拠にはなりませんし、言い逃れできてしまいます。そこで確実に残る証拠を手に入れるために探偵事務所へ浮気調査を依頼する人が増えています。

探偵事務所と言えば何でも調査をしてくれるイメージですが、中でも浮気調査や素行調査を得意とする探偵事務所は多いです。尾行などのテクニックや機材が揃っていますし、行動調査全般がメインの仕事になっています。浮気調査をする意味としては、浮気が事実であるかどうか?ここがポイントだと思います。浮気の兆候があっても実は勘違いである可能性もあります。

その事実を確認する事が大事です。その後に浮気が事実であれば相手は誰なのか?どこまで浮気が進展しているのか?それを踏まえて今後どうしていくのか?というふうに浮気調査が進んでいきます。独身であれば法的にもさほど問題にはなりませんが、夫婦という関係を結んだのであれば法的に問題になってしまうため探偵事務所へお金をかけてでも調査の依頼がある訳です。

素人では難しい浮気調査

もちろん素人が浮気調査をできるはずもありませんし、やっても失敗するのが見えています。最も重要なことは浮気現場の証拠を手に入れる事です。探偵事務所の浮気調査での報告書は、のちに裁判を起こした場合にも重要な証拠品として提出できますので、有利な状況で裁判が行えるのです。だからこそ万が一の事態に対応できるように探偵事務所に浮気調査を依頼する事が大切です。

浮気調査の結果次第で今後の人生が左右されますし、愛した旦那や妻でも浮気をされると関係修復が難しい場合もあります。探偵事務所では弁護士の紹介もしていて浮気調査からの次のステップへのアドバイスもしてくれます。一番良いのは浮気調査の結果がシロで勘違いというのが理想ですが、怪しいと思って探偵事務所に依頼をすると8割がたクロだと言われています。